ring円錐角膜(黒目の表面がいびつになり、視力が落ちる病気)の治療として、弓型の小さなプラスティックをふたつ埋め込むことがあります。

コンピュータで複雑な計算をして入れ方を決め、それ以上の進行をおさえます。