fds1目玉の中、奥の突き当りの写真です。

「視神経」は、ものを見るための神経(細い線維が100万本、束になっています)、「黄斑部」はものを見るときに最もひんぱんに使う大切な部分、「動脈・静脈」は血管です。