AMD11

黄斑という、眼の奥の突き当りにある大事な部分の断面図です。

左は正常、右は加齢黄斑変性の人の画像ですが、ずいぶん形が違います。

OCTとは、この断面を撮るための機械の名前です。