sarcoidosis1

日本で一番多いぶどう膜炎の原因は「サルコイドーシス」です。

ばい菌などの外敵から身を守る仕組みを免疫(めんえき)といいますが、この働きがおかしくなって起こる病気です。

写真は、眼の奥のつきあたりにある網膜を撮ったものですが、血管が炎症を起こして白くなり、出血もしています。

全身に変化が出る病気ですので、治療は内科などと共同でおこなわれます。