大阪府高槻市紺屋町、JR京都線「高槻」駅デッキ直結徒歩1分の「渡部眼科高槻クリニック」(グリーンプラザたかつき5階)です。土日祝も診療しています。眼科一般、白内障、緑内障、コンタクトレンズなど、気になる症状があれば、お気軽にご相談ください。

診療のご案内

渡部眼科高槻クリニック 院長ブログ。院長より、眼の健康や治療のことなどについて、親しみやすい内容でお届けします。

診療内容

診療科目:眼科

対象となる主な疾患

近視・遠視・乱視(きんし・えんし・らんし)
近視・遠視・乱視近視は、手元は見えるが遠くが見づらい目。
遠視は、遠くも手元もなんとか見えるけれど、どこを見るときにも無理をしている目。乱視は、どこを見ていてもなんとなくぼやける目。
いずれも、視力検査(Cの字がいろいろな向きで出てきて、空いているところをお答えいただく検査)でわかります。
近視や乱視のメガネは、必要な時だけかければよいのですが、遠視のメガネは常にかけていただくことが望ましいです。
特にお子様の遠視の場合、起きてから寝るまでずっとかける必要があります。
当院では、メガネの処方箋をお出ししております ので、お気軽にご用命下さい。
老眼(ろうがん)
目の重要な働きとして、見たいものに焦点を合わせる(ピントを合わせる)動きがあります。
目の中の小さな部品が動いたり、中にある小さなレンズが膨らんだり平たくなったりすることで焦点を合わせています。
この働きが、年齢とともに弱まった状態を老眼といいます。
髪が白くなったり、シワが増えたりするのと同じことで、一種の加齢現象です。
運転中、外の景色とメーターを交互に見ると見づらかったり、今までよりも目から物を離して見ないと見えにくくなったりしてきたら、老眼の兆しです。
近視などと同様に、視力検査でわかります。
最初は出来合いのものでかまいませんので、老眼鏡をかけてみましょう。
目薬では治せません。
ドライアイ(どらいあい)
ドライアイドライ=乾く、アイ=目、ですので、いわゆる乾き目を指すように思われがちですが、実は多彩な症状が出る病気です。
乾きはもちろんのこと、まぶしい・痛い・目の奥が熱い・目を閉じると楽・泣きたいのに泣けない・逆に涙目になる、などです。
診察室での簡単な検査でわかりますので、がまんなさらずおいでください。
色のついた目薬をさし、目の表面の様子を見せていただきます。
治療は目薬になります。
飛蚊症(ひぶんしょう)
視界の中に、蚊のようなものが飛んで見える・アメーバのようなものが動くのが見える、などといった表現をなさる方が多いです。
目の中には、生卵の白身のようなものが入っています。
子供の頃は無色透明 だったその白身状のものの中に、お年とともに濁った部分ができてきます。
これを見てしまっていることが多くの場合原因として挙げられます。
また、まれに目の奥の方、網膜(もうまく)に病気が潜んでいることもあるので、目の奥の検査を受けていただければ万全です。
「網膜」については、「加齢黄斑変性症」の項目をご参照ください。

目の奥は、ひとみを通じて見せていただきます。
ということは、ひとみが大きいほど十分に検査ができます。
特別な目薬でひとみを大きく広げて、目の奥、突き当たりの部分のくわしい写真を撮る検査などをさせていただきます。
この検査の後は5~6時間ほどの間、遠くも近くもピントが合わず、まぶしくなります。
いらっしゃるときにはお車やバイク、自転車などでのご来院は避けていただくようお願い申し上げます。
角膜の病気(かくまくのびょうき)
黒目の表面にある膜を角膜といいます。
角膜に傷がついてしまったりばい菌がついてしまったりすることがあります。
原因不明のものもありますが、最近目につくのはコンタクトレンズの誤った使用によるものです。
コンタクトレンズをつけたまま寝てしまったり、手入れがぞんざいであったりすると、高い確率で角膜に傷がつきます。
また、目になにか入っていることもあります。
目の表面をくわしく見せていただきます。
治療は目薬ですが、重症の場合入院が必要となることもあります。
結膜炎(けつまくえん)
結膜炎あっかんべーをしたときに 見える赤い部分、そして、上のまぶたの裏の赤い部分、これらを結膜といいます。
結膜の調子が悪い状態全般を結膜炎といいます。

原因は大まかに分けると3つになります。
  1. アデノウイルスというウイルス(ばい菌に似たもの)
  2. ばい菌
  3. アレルギー
1. 流行り目(はやりめ)といわれるほど、人に移りやすい結膜炎です。
症状は、水っぽい目やに・痛み・涙などです。
基本的に決まった経過をとるので、約2週間で治りますが、症状のある間は人に移す可能性があります。
空気感染はしませんが、目やにや涙を介して移ります。
かかってしまったら、頻繁に手を洗い、他の人とのタオルを共用しないなどの手立てが必要です。
プールには入れません。
ウイルスに効く薬はないのですが、別のばい菌がついてこじれないように抗生物質の目薬をさしていただきます。
また、少しでも早く治るように、炎症を抑える目薬をさしていただくこともあります。

2. いろいろなばい菌が一時的に目に住みついている結膜炎です。
目薬で治ります。

3. アレルギーとは、何かに対して過敏に反応している状態です。
例えば、その「何か」がスギ花粉であったら、いわゆる「花粉症」です。
「何か」はたくさん種類があります。
ハウスダスト・ダニといったどこにでもあるものや犬やネコ、雑草の花粉・コンタクトレンズの汚れなど…「何か」に反応すると、目はかゆくなったり、腫れたり、痛くなったりします。
目薬や飲み薬での治療になります。
めばちこ
めばちこ目のふちに近いところによく出来るできものです。
痛いものと痛くないものがあり、痛いものは頃合いを見計らって針で小さな穴を開けると膿がでてきて早く治ります。
顔にできるニキビのような感じです。
一方、痛くない方は、なかなか良い治療法がありません。
できてから 1~6か月で勝手になくなることもありますので、しばらくは様子見ですが、どうしても気になるようでしたら切って取ることもできます。
結膜下出血(けつまくかしゅっけつ)
白目に赤インクを流したように赤くなるものです。
結論から申し上げますと、病気でもなんでもなく治療もいりません。
白目の表面には一枚薄い膜が張っていますが、その下には血管がたくさんあります。
そのどれかに少し傷がつき、少量の血が出て、血管の傷の方はすぐに治ってしまっている、という状態です。
出た血は戻れませんから、膜の下にたまって赤く見えるというわけです。
1~2週間ほどで元に戻ります。

ただ、結膜下出血と非常によく似た病気で、きちんと治療の必要なものがありますので、「あ あ、またあれか」と思わずにぜひご受診ください。
白内障(はくないしょう)
白内障目の中には、虫眼鏡のレンズのとても小さいもののようなレンズが入っています。
子供の頃には無色透明ですが、お年とともに濁ってきます。
それとともにぼやけたり、かすんだり、まぶしかったり、といった症状も出てきます。
視力検査で視力が出なくなったりします。
治療は、そのダメになってしまったレンズを取ってしまい、新しくプラスティックの作り物のレンズを入れる手術になります。
いつ手術をするかは、患者様とのご相談になります。
「不自由になってきたら」というのが一応の目安ですが、なんとも言えないところもあります。
お気軽にご相談ください。
緑内障(りょくないしょう)
緑内障ものを見るための神経(視神経)が徐々に傷んでしまって、見えない場所や見えにくい場所がほんの少しずつ増えてくる病気です。
神経は100万本あり、それらが少しずつ少しずつ傷むので、自分で気がつくことは絶対にありません。
検査でしか見つからない病気の筆頭と言えるでしょう。
当院では、緑内障のための検査機器も揃えております。
例えば、視野検査ですが、自分ではとうてい気づかないような見づらい部分を見つけることができます。
治療は目薬が主で、まれに手術をすることもあります。
一生のおつきあいとなる病気ですので、目薬と視野検査はずっと続きます。
加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)
網膜と黄斑目の作りは、生卵にちょっと似ています。
目の白目は、 生卵の殻。目の中につまっているのは、生卵の白身のようなもの。
そして卵の薄皮のような膜が、目の内張りになっています。
この膜を「網膜(もうまく)」といいます。
網膜は非常に大事な膜で、これがきちんと働いてくれないとものは見えません。
とりわけ大事なのが、網膜の中心部にある黄斑(おうはん)という小さな部分です。
黄斑さえ大丈夫なら、ものは見えると言っても過言ではありません。
「黄斑」が「変性」する、すなわち黄斑が少し傷むのが、加齢黄斑変性症です。
目の奥のたいへん特殊な写真を撮らせていただくと、よくわかります。
症状は多彩ですが、ものが歪んで見えたり、見たい部分が見えなかったり、かすんだりします。
経過観察をしたのち、目に注射をする治療をすることがあります。
網膜剥離(もうまくはくり)
「網膜」については、「加齢黄斑変性症」の項目をご参照ください。
目の中にへばりついている網膜ですが、何らかの原因ではがれてくることがあります。
そうすると、その部分で受け持っていた視野は欠けてしまいます。
放置するとどんどんはがれてしまってなにも見えなくなってしまいます。
視力検査や目の奥をくわしく調べる検査で診断をつけます。
早い段階で手術を受けていただくのが最善です。

はがれる原因ですが、もともとはがれやすいかた(近視の強い方など)・目にものが当たったなどのケガ、が挙げられます。
黄斑上膜(おうはんじょうまく)
「黄斑」については、「加齢黄斑変性症」のページをご参照ください。
大事な黄斑の表面に一枚膜ができてしまうことがあります。
当然、いらない膜なので、ものが歪んで見えたりするようになってしまいます。
目の奥のたいへん特殊な写真を撮らせていただくとわかります。
この膜は手術で取り除くことができますが、お年とともに増える、老化現象的な意味合いもある病気です。
糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)
糖尿病は、単におしっこに糖が下りる病気ではありません。
全身の血管や神経が砂糖漬けになってもろくなってしまうおそろしい病気です。

目の奥にある大切な血管も例外ではありません。
弱くなった目の奥の血管からは、じわじわとしみ出すような 出血が起きてきます。
はじめのうちは、出血が出来てはなくなりの繰り返しです。
このあたりで、レーザー光線(強い光)を目の奥に当てて、出血が起きにくくする治療をすることもあります。

出血がひどくなってきたら、「このままでは目がダメになってしまう!」と危機意識を持った「目」があわてて血管(新生血管・しんせいけっかん)を作り始めます。
しかしいかんせん粗製乱造の血管ですので、ますますそこから出血してしまいます。
この頃になってくると、大出血していつ失明してもおかしくない状況です。

大事なのは、糖尿病の管理をきちんと頑張っていただくことのみです。
目薬ではどうにもなりません。
また、視力が落ちるなど自分でなにか気づくこともありません。
内科の先生とよくご相談になってHbA1c(ヘモグロビンエーワンシーを下げるようがんばりましょう。
眼瞼痙攣(がんけんけいれん)
ドライアイと非常に似通った症状です。
もっとも多い症状は『まぶしい』です。
また特徴的なのは、指を使わないと目が開かなくなる・急に目が閉じてものにぶつかったり事故を起こしたりする、といったことが起こる点です。
(全ての人に現れるわけではありません。)
診察室で2分ほどで終わる検査で、だいたいのことはわかります。
漢方薬がありますので、ご相談ください。
また、症状がなかなか取れないかたには、目の周りの皮膚に小さな注射を何カ所かうつ治療法もあります。

眼鏡・コンタクトレンズについて

コンタクトレンズについて初めての眼鏡・コンタクトレンズをご希望の方は、受付終了時間の60分前までにお越しください。

眼鏡・コンタクトレンズにはいろいろな銘柄がありますが、それぞれに一長一短があります。
ある人にとっては最善のレンズでも、他の人には合わないこともあります。
患者様のライフスタイルやこだわり、眼鏡・コンタクトレンズに求めておられるもの、目の状態など総合的に考え合わせて、患者様にとって最適な眼鏡・コンタクトレンズ選びのお手伝いをいたします。
画一的な眼鏡・コンタクトレンズ処方は致しません。

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
 9:30~12:30
15:00~19:00

▲…土日祝午後は、14:30~18:30

※眼鏡・コンタクトレンズが初めての方は受付終了時間の60分前までにお越しください
※祝日の水曜日、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆は休診です

休診日水曜

クリニックのご案内 Access

〒569-0804
大阪府高槻市紺屋町1-1

グリーンプラザたかつき1号館 5階

※午前9:30-10:00の入館について
建物外のエレベーターをご利用いただき5階から入館してください

JR京都線「高槻」駅デッキ直結徒歩1分
阪急京都線「高槻市」駅より徒歩6分

お気軽にお問い合せ下さい

TEL:072-686-5535

駐車場・駐輪場は近隣のコインパーキング、及び公共駐車場・駐輪場等をご利用ください。

渡部眼科高槻クリニック 院長ブログはこちら
当院のご案内 診療時間・休診日 アクセス
PAGETOP
Copyright © 2018 渡部眼科高槻クリニック All Rights Reserved.